toggle
2019-10-17

全方位にある表現のためのツール

 

 

先日のレッスン、

他のピアノ教室に通わせているのだけど、

感性育での表現力をつけてほしいと、

レッスンを希望してくださいました。

 

相変わらず、、楽しかったーーーー!!!

 

 

彼は11歳の男の子でお庭でサッカーから、

ピアノまで来てくれました♪

 

とっても優しいフレーズ運びにうっとり♪

こういう包容力男子が増えてる気がするなぁ。

 

ちょうど片手づつ別々に練習していたようで、

右手と左手が全く別の動きをする曲でした。

 

弾く子が一番リラックスできて、

簡単にできあがっていくツール、

今回はスポーツでした。(まさに、さっきやってたね!)

 

 

右手はバスケのドリブルで、

左手はサッカーのドリブルです。

そして途中で入れ替わります。笑

文章で書くとまるでイリュージョンですよね。笑

1人ですごいことしてたんだね、と

ママもおっしゃっていました。笑

 

そして、無事ドリブルを音で流すと、、

あっという間!!

 

音を追うだけでは、できないことでも、

イメージ一つで、即座にできるようになります。

彼の場合はイメージだけでできたのでやらなかったですが、

実際にドリブルをしてもらったら、

スルッとできるということも多々あります。

彼もあまりにも自然にできたのでニコニコ♪(かわいいのなんのって)

必死で頑張らなくてもいいよー、

 

自然にのびのびできる方法を探すだけ♪

 

 

 

 

表現のための他の表現手段があるって、

何て豊かな世界なのでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

Follow me
友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です