toggle
2019-10-05

望みが形になるとき

 

久しぶりのブログが嬉しいです。

2ヶ月ほど、

1つの作品に没頭していました。

10年以上あたため続けてきたことを、

まとめることに、全力を尽くしていました。

それは、

スクールという形になり、

101日から開校しました。

本当にやってよかったーー。

©Federico piccirillo

ずーーーっとやりたいことにもかかわらず、

チャンス待ちをしてたんだなぁって発覚しました。

チャンス待ち、ラッキー待ち、ミラクル待ち、

時間ができたら、お金ができたら、

◯◯したら、◯◯だったら、、

それは「条件が合えばします」という姿勢で、

つまり「条件が合わなければしたくありません」という姿勢。

条件がこなかったとすると、

「したくありません」という姿勢だったという事実。

ずーーーっとやりたかったのに、

叶ってないということの裏には、

望みと姿勢のチグハグなカラクリがあるんだと、

身をもって知りました。

まさに、

「望みと行動を一致させる」

というお話は、本当にそうでした。

現にさぁやるぞ!!と本気で決めたら、

10年以上のものがあっという間に形になりました。

さぁ、これから!

Follow me
友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です