toggle
2019-07-01

フランスの絵本から飛び出した世界

 

 

フランスの女性作家 ジャニック・コアトさん。

絵本作家であり、グラフィックデザイナーでイラストレーター。

独自の絵本のワークショップもしているそう。

 

 

 

 

彼女の森の中で楽しく暮らす動物たちを描いた絵本「ABC bestiaire」

から飛び出した世界をおうちでも。

 

 

 

 

 

心が安心するテントから、

学ぶのが楽しくなるものまで。

 

 

ジョイントマットと、アルファベットポスター。

 

 

こちら(SPICE of LIFE)や、

Amazon楽天や、ZOZOでも販売してるようです。

 

 

子どもの動物への記憶力は素晴らしいので、

英語やアルファベットを動物から取り入れること、

おすすめです。

ちなみ、フランスの児童文学者ルネ・ギョーによると

『子どもは、大人たちのなかにはいっていくよりも、

ずっとずっと、動物のなかにはいっていくほうが、安心がいくんだ』

という言葉があります。

安心することで脳のアルファ波がでて、

記憶力に結びついているのかもしれません。

 

 

そして、何より囲まれた空間が好きな子どもたち。

飽きても折りたたんでしまっておいて、

また忘れた頃に新鮮な反応で遊んでくれます笑

 

 

ぜひ、ジャニックさんの世界観を♡

 

 

Follow me
友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です