toggle
2019-06-05

細胞レベルで体と心にアプローチする音の周波数


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/artxpiano/artxpiano.com/public_html/wp-content/plugins/add-to-any/add-to-any.php on line 970

 

 

先日、シュタイナー教育で、

周波数の存在を知りました。

 

現在は国際会議によって、

世界の周波数が440Hzと決められているそうです。

 

それに反してシュタイナーがすすめる432Hz。

実際、432 Hzを聴いてみると、

気持ちがよく、滝の近くにいるようなクリーンさを感じたので、

調べると、432HZは「水の周波数」だということがわかりました。

 

 

そして、432Hz以外にも人体にとって、

とても心地のいい周波数があることを知りました。

 

人の心身と音は、密接に影響を受けています。

 (その詳細は、後日、記事にいたしますね。)

 

人に特別な影響をもたらす古代の音階は、

9種類から成っているそう。

 

  • 174hz 意識の拡大と進化の基礎
  • 285hz 多次元領域からの意識の拡大と促進
  • 396hz 罪の意識や恐怖からの開放
  • 417hz 変化に挑戦する心、知性
  • 528hz 無限の可能性、DNAの修復、奇跡
  • 639hz 人間関係の向上
  • 741hz 問題を解決する力、表現力の向上
  • 852hz 直感力の覚醒
  • 963hz 高次元、宇宙意識とつながる

 

 

この中でも、528Hzも特別で、

太陽から発せられる周波数が528Hzであり、

「ありがとう」の言葉の周波数が528Hzだそう。

 

 

ヨガをするときに、

528Hzの音をBGMにやってみました。

いつも以上に筋肉がほぐれる感覚に単純!(笑)、

と自分でも思ってしまいましたが、

無関係でもないと思うのです。

2500年前のピタゴラスの言葉が残っているから、

「病気は音で治療できる」と。

 

 

そして近年、963Hzは、

目に見えない (音楽もそうですが) ものに、

ダイレクトにアプローチするそう。

 

目に見えないというと、あやしい響きにもなるのですが、

世界は、紫外線なども含めて、

目に見えないものが96%を占めているといいます。

なので、そちらにアプローチする方が、

実は効率的なのかもしれません。

 

 

432Hzや、528Hz、963Hz、

生活に取り入れてみて、

ぜひ体の感覚に耳をすませてみてください♡

 

大切な選ぶポイントは、好きなものあること。

自分の体に合う音を、選べるのは自分だけだからです。

 

 

 

Follow me
友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です